犬がお祈りのポーズをする?愛犬が突然痛がった犬の急性膵炎の原因、症状、治療法は?

犬の急性膵炎は早期発見が重要です!常日頃から愛犬の様子を見て異変を感じたらすぐに病院へ!日々の生活

今日は我が家の愛犬 ウェルッシュコーギーのカイくんが生命の危機に瀕した時のお話。

その出来事は2015年クリスマス前日、突然起こりました!

2日後から年末まで海外に行く予定だった私。

夕食後、いつものようにカイくんとサクラがお皿、エサを貰いに行った時・・・。

突然愛犬が「キャイン」と悲鳴をあげました!

滅多なことでは泣かないカイくん。

その痛がる時の声は聞いたことのない「キャインキャイン」と甲高い声でした。

最初は捻ったのかと思い、「もう!調子ずくから!」と思ったらどうも様子がおかしいんです。

いつもの足を挫く感じではなく、その場にうずくまっているカイくん。

失禁するくらい痛がっていたのです・・・。

しばらくしたら起き上がったカイくん。

その後はいつものテーブル横の毛布の上の特等席に戻ったけど、あまり動こうとしませんでした。

ただ、どこか捻って痛めただけだと思ったのですが・・・。

その後も少し動こうとすると「キャイン、キャイン」と痛がるカイくん。

「大人しくしてなさい!」とその日は終わって、翌日・・・。

朝も少し痛がったけど、普通にご飯を食べに来たし、散歩に。でも様子がおかしいので心配で動物病院へ。

朝もエサの時間に吼えた時に痛がったりしたけど、普通に散歩に行ったカイくん。

ただ、胴輪のハーネスをはずす時にまた「キャイン、キャイン」と!

ちょっと様子がおかしいので、私が仕事中に母がカイくんを連れて、近所の動物病院へ・・・。

この動物病院にカイくんは恐怖を感じているため、中々車に乗りませんでしたが・・・(笑)

たぶんウェルッシュコーギーや胴長の犬種によくある「ヘルニア」の兆候ではないかと。

女性獣医さんが色々触診した結果、背中を触ると怒ろうとするので

胴長の犬種によくある「ヘルニア」の疑いがあると。

コーギーやミニチュアダックスフンドなどの胴長短足犬種はどうしても背中に負担がいく為、「ヘルニア」にかかりやすいというのは前々から知っていました。

コーギーは、胴長・短足のその体型から、頚椎椎間板ヘルニアの発症率が高いです。ヘルニアは、背骨の中を通る脊髄という神経の束に、変性した頚椎椎間板が 侵入し、さまざまな神経症状を引き起こす、コーギーに多い病気です。圧迫される神経の部位や程度によって、症状や重症度は異なりますが、コーギーはとくに 頚椎、いわゆる首のヘルニアを発症しやすく、腰や背中の痛みを訴えます。また、前肢や後肢の運動失調が進行すると、自力での排便や排尿が難しくなります。

出典:コーギーの病気

そして肥満気味のカイくんなので、ダイエットをして腰への負担を減らそうということは前々から言われていました・・・。

なので痛み止めの注射と薬を貰ってきたのですが・・・。

ヘルニアだろうということで、命に関わる事はないだろうとは思っていましたが心配でした。

ただ、飛行機、ホテルの予約もあり、「ヘルニア」の疑いだったので大丈夫だろうということで、予定通り海外に行ってました。

毎日母にメールでカイくんの様子を聞いていたら・・・。

いつも父や私が食事をしていると「よこせワン!食べたいワン!」とウルサイ(笑)

さすがに痛いのか、匍匐前進で少しづつ近寄ってくる感じでした(ノω`●)

ただ、

  • エサを目の前に持っていけばちゃんと間食する
  • 動く時はすこしづつ匍匐前進で位置を変える
  • さすがに散歩はいかなくなったけど食欲は旺盛。

なので少し安心していました。

そして海外から帰ってきて、カイくん、サクラさん、家族で迎えた今年の正月。

 

愛犬が突然食欲がなくなった

正月休みもあけた平日。

それまではエサはちゃんと食べるけど、相変わらず時々痛がるカイくん。

ただ、その日の朝はいつもなら絶対に食べるジャーキーを食べなくなったのです。

これは何かマズイ!お腹にばい菌でもはいっているのかな?とりあえず動物病院に夕方連れて行こう!

そして私が仕事が終わって母と二人でカイくんを抱き上げ、車に乗せて動物病院へ連れて行きました・・・。

サクラさんは「ワタシもついていく!」といつも通り絡んできましたが(笑)

 

「明日、明後日で急変するかもしれないので覚悟はしてください」と!

その時はいつもの院長先生が空いていたので、院長先生の診断。

やはり背中を触ったりしたら、怒るし痛がるし、熱も高めということで違う病気を疑う事に。

お腹を触ると特に痛がるので内臓系の病気を疑っていました。

ガンや重い病気の可能性もあるので、慎重に血液検査もすることに。

カイくんはこの1年半前に「膀胱がん」になって手術は成功して、転移はなかったのですが・・・。

そしてしばらくしてからの血液検査の結果が・・・。

  • WBC・CRPが高い→炎症を起こしている
  • RBCが高い→脱水の症状

 

そして院長先生からの一言。

「正式な検査をしないとわかりませんが、明日、明後日に様態が急変するかもしれません。覚悟はしておいてください。即入院です」

もうこの時は「カイくん、相当苦しかった、痛かったんだね」「なんでもっと早く動物病院で精密検査をしなかったのだろう」と悔やんでも、悔やみきれずに涙を流してました・・・。

母も衝撃すぎて、とにかく先生にお願いするしかない状態。

帰宅後、「カイくんが危ないかもしれない。入院することになった」と父もそこまで思っていなかったようで、みんな暗くなってしまいました・・・。

天国にいるウチの子達・・・カイくんを守って!お願い!

翌日は土曜日でしたが、動物病院は空いているのでカイくんに会いに・・・。

 

犬の急性膵炎の原因、症状、診断、治療は?

院長先生の口から出た言葉は

「犬の急性膵炎です!」

検査キットの結果が出るのに12時間かかるため、結果待ちでしたが今日完全に判明しました!と。

愛犬が急性膵炎に!無事に回復したけど獣医さんに教わった症状や原因・治療法まとめ
だいぶお年をめされてきたけど、食欲旺盛なウチの愛犬のコーギーのカイくん。おてんば娘のパピヨンのサクラさんと仲良く!?ケンカもするけど、楽しい毎日を過ごしていました。そんないつもと変わらない日常だと思っ

犬が膵炎(すいえん)にかかる原因

膵臓の消化酵素となるトリプシンや腺性カリクレイン、ホスホリパーゼA、エラスターゼが、何らかの原因によって活性化します。
その活性化により、膵臓自身が自己消化されて起こるのが急性膵炎です。
軽症の場合は膵浮腫が起こり、重症で激症の場合は出血性膵炎や膵壊死が起こります。
これら全てが急性膵炎に分類されます。

慢性膵炎は、急性膵炎が長引いた場合や繰り返し起こることによって慢性化してしまった状態のことを言います。

出典:急性膵炎・慢性膵炎とは

特に肥満体質、そしてメス犬にも多い病気なのだそうです。

あと遺伝的に

  • ミニチュアシュナウザー
  • コッカスパニエル
  • ヨークシャテリア

はかかりやすいと・・・・。

 

犬の膵炎(すいえん)の症状、診断

膵炎には急性膵炎と慢性膵炎とに大きく分けられますが、これは組織学的な変化を表す用語で臨床症状の重症度は様々です。

<軽症の場合>

下痢や嘔吐が見られます。他の消化器疾患(胃腸炎など)と類似しているため、検査による鑑別診断が重要となります。

<重症の場合>

明瞭な激しい腹痛と嘔吐を伴い、脱水やショック症状によりぐったりしてしまいます。

※ワンちゃんが腹痛を訴える時には、前肢を伸ばして胸を床につける「祈りの姿勢」を示す場合があります。

出典:犬の膵炎

あと血便を出す犬も多いと。

カイくんの場合は下痢だったけど、血便はなく、そして嘔吐もなかった為、中々わかりませんでした。

ただ、お腹、背中を痛がるという症状でした。

そして診断は血液検査、そして簡易検査キットがあってわかるそうです。

血液検査
   WBC・CRP↑:炎症の存在
   AMYL・LIP↑:急性膵炎の指標
   RBC・PCV・Hb↑:脱水の程度
   GPT・ALP・T-Bil・GGT↑:胆汁うっ滞の指標
   Tcho・TG↑:高脂血症の指標
   BUN・Cre・IP↑:急性腎不全の指標
   PLT↓・PCV↓・FDP↑:DICの指標
血液特殊検査(外注検査)
   膵特異的リパーゼ(PLI)・トリプシン様反応物質(TLI)↑:急性膵炎の診断

出典:急性膵炎について

ただ検査キットの結果は12時間経たないとわからなかった為、カイくんの場合は翌日に病名がハッキリとしました。

そして再度の血液検査でもリパーゼの値も高かった為、「急性膵炎」となりました。

 

犬の膵炎(すいえん)の治療法は?

基本的に特効薬がないため、早期入院で

  • 絶食をする
  • 点滴で栄養補給する
  • 吐き気を抑える薬を飲む

このようになりました。

症状にもよりますが、入院期間は概ね1~2週間になると。

カイくんの場合は点滴、薬、入院となりました。

 

犬の急性膵炎の入院期間

私たちがお見舞いに行くと、入院ゲージのあるところは暑かったせいか、ドッグフードが残っていましたが、2日目以降から軽くエサを食べるようになり、看護師さんいわく

「カイくん、ちゃんと朝ごはんも食べていましたよ~」と(笑)

院長先生いわく

「この人は検査に協力的でないので中々検査させてくれませんが、たぶん2,3日で退院できると思います!」(笑)

 

犬の急性膵炎は早期発見が重要です!常日頃から愛犬の様子を見て異変を感じたらすぐに病院へ!

カイくんの場合は痛がってから、病状が確定するまで2週間とかかりましたが、

症状が重症でなかった為、入院後、3日後には自宅療養になり、一週間経った頃にはもうすっかり元気に、痛がることもなく、走り回っていました♪

退院して帰って来た時のサクラさんは「どこ行ってたのよ!!心配したじゃない!!」とカイくんの周りをずっと引っ付いてましたが(笑)

みんなが「カイくん、カイくん」状態だった為、サクラさんが構ってもらえずヤキモチやいていたんでしょうね(笑)

今回のカイくんのように何の前触れもなしに突然起こりえる「犬の病気 急性膵炎」

これから脂っこい、高カロリーの食べ物、おやつなど特にカイくんは気をつけたいと思います。

膵炎は再発する可能性も高いので!!

大切なワンちゃんたちは人間のように「どこが痛い!」と言えないから中々ピンポイントで悪いところを当てるのは難しいと思います。

最初の「ヘルニア」の診断だった女性獣医の先生も「急性膵炎」とわからなかったので、大変もうしわけなさそうに心配していただけました。

ただ「急性膵炎」は命にも関わる病気なので、早期発見、早期入院治療が大切ですね!!

大切な愛犬の異常がすぐにでも発見できるように、

常日頃から様子をみて「ちょっとでもおかしい?」と思ったらすぐに獣医さんに連れて行きましょう♪

犬が突然キャインと鳴く!ほふく前進や腹痛で悲鳴をあげる急性膵炎の症状や治療法まとめ
だいぶお年をめされてきたけど、食欲旺盛なウチの愛犬のコーギーのカイくんとおてんば娘のパピヨンのサクラさん。 いつもと変わ ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました